プエラリアの正しい飲み方!基本編

プエラリアの正しい飲み方の基本から、まず解説していきたいと思います。

当たり前のことですが、商品の取り扱い説明などをきちんと読んで、用法用量というのをしっかり守ることが非常に重要になってきます。

基本的に、どのプエラリアサプリメントも「1日1~2粒」というのが正しい量として提示されている場合が多いです。


★ポイント! ⇒ プエラリアの正しい摂取量について、一般的には「1日400mg」が限度だと言われています。このラインを超えると副作用が生じやすいようです。
出典:http://xn--cckl8ayjsb3ch9372e.jp/

日本市場で出回っているプエラリアサプリメントも、そのほとんどがこの「1日400mg」というのを基準にしているようです。

しかし、最近になって、プエラリアの原産地でありプエラリア研究の先進国であるタイで、1日の摂取量は「100mg」を超えない方が望ましいとの研究結果が報告されました。これまでの基準値の「4分の1」ですから、これまで通りの「プエラリアの飲み方」はあまり良くないということになります。


プエラリアサプリメントを飲むときは、商品の取り扱い説明通りにするというのが非常に大切になってくるのですが、必要に応じて自分で摂取量を調整するというのが大切になってきます。そのためには、サプリメント一粒に含まれているプエラリアの配合量をしっかりと把握することが大切です。

プエラリア先進国であるタイでは、「1日100mg」がボーダーラインとして認知されるようになってきています。日本市場で出回っているサプリメントのほとんどがこの基準値を超えています。ですから、このことはよく理解した上で、自分で摂取量を調整するということの重要性をしっかりと覚えておいてください。
つまり、商品の取り扱い説明を守ることはもちろんのこと、健康被害にあわないようにするためには自分で摂取量を調整することが大事ということです。プエラリアに対する体の反応は個人差が非常に大きいです。人によっては、商品説明の摂取量より遥かに低い摂取量におさえる必要性もあるかもしれません。

それから、女性ホルモンを活性化させる食品やサプリメントを一緒に摂取しないように気を配ることも大切です。毎日の食事で摂る成分についてしっかりと把握することが大切です。

女性ホルモンを活性化させる食べ物には、
■かぼちゃ
■卵
■大豆食品・製品
■きゃべつ
■ナッツ類
■アボガド
■グレープフルーツ
■ヨーグルト
■牛乳
■ざくろ
■えんどう豆
■コムギ
■ゴマ
■きな粉
などがあります。